ブログトップ

怪談 意味深なうたた寝

imisinnaut.exblog.jp

怪談、クトゥルフ神話サークル『アコンカグア』本島としやのブログです。日々収集した怪談を更新していきます。と思っていたけど最近はけっこうグダグダCDレビューしてる。

カテゴリ:創作( 7 )

H・P・ラブクラフトという名前に何故か惹かれる。クトゥルフ神話を知る前には聞いたことも無い名前の種類で、不思議な力を持っているきがする。他に似たような名前を、少なくとも自分は見かけたことがない。
読んでみたいと思わせるパワーが名前には潜んでいる気がする。
自分のペンネームは本名だけど、同じような不思議な力を宿せたらなぁ。
[PR]
by tominaga103175 | 2015-10-26 22:33 | 創作
お久しぶりです。

今日の岐阜のイベント来てくださった方ありがとうございます。

さて、一ヶ月ぶりですが……。

イベントの帰りにびっくりドンキーでハンバーグ食べていたら、相方が
「pixivで小説も投稿できるようになったらしいですよ」
と教えてくれたので、早速投稿してみた。去年書いた作品です。
エンターテインメントとは真逆の作品と言われて、某選考に落ちた作品〈涙〉。面白いと思うんだけどなぁ。自画自賛。

pixivのID持っている方は是非読んでもらえたら嬉しいです。
近い友人以外には封印してた作品。 他にもお蔵だしを晒して、すっきりしようかな。

pixivの名前も『本島稔也』です。よかったらどうぞー。
[PR]
by tominaga103175 | 2010-08-01 21:03 | 創作
本日はがんずあんどろーぜす。ちゃいにーずでもくらしー。
ちゃいにーずでもくらしーって書くと何となく可愛い。と思うんだが、いかがか。


『Chinese Democracy』(Guns N' Roses)
 ・文句なしの一品だと思う。14年掛かっても変わらないスタンスってのが凄い : ★★★★★
 ・なななななんにーぃぃにぃぃーとか言ってる場合ではない :★★★★☆
 ・何故か近所で投売りされてた。 :☆☆☆☆☆

○14年、14億、14曲。アルバムタイトル曲も好きだけど、マダガスカルも捨て難い。どれも言い曲ばかり。
ふむ。これはジャングルにウェルカムされている場合ではない。
でも何故かふと、合間に他の曲を聴きたくなる。
[PR]
by tominaga103175 | 2009-03-14 02:34 | 創作
待ち合わせ場所は遊園地の駐車場である。
駐車場には桜並木があって、誰が手入れしているのか知らないが、今も春になれば満開の桜が見られる。そこで佐伯と待ち合わせているのだ。
翠は学校が終わるとすぐに家に帰ることにした。いつもなら放課後はしばらくの間部活動をみたり友人と話をしているのだが。
門の手前で佐伯が「今日9時に遊園地でね」と念を押したが翠は数学の時間に見た遊園地の気味悪い人影のせいですっかり気が滅入っていて、返事をする気にならなかった。
かろうじて「分かってるよ」と無愛想に答えると佐伯と別れてまっすぐに家へ向かう。
翠は築三十年になろうかという木造二階建てのおんぼろのアパートに母と二人で住んでいる。父の鳴島秋成は今どこに居るのか行方が知れない。翠が十歳の頃からずっと二人暮しである。
入口に面している道路を歩いていると、見慣れない男が誰かを待っているように辺りを伺いながら立っているのに気がついた。
「あの、すみませんが」
男は低い声で翠に話しかけた。口の中に唾液が溜まっているような水っぽい声だ。
それになんだか変な匂いがする。洗っていない水槽の匂いだ。この匂いが男から漂っているのがはっきりと分かる。
「鳴島、鳴島翠さんでしょうか」
相変らずネトネトした低い声である。
「そうですが、あの、何か」
用事でも? と翠が言う前に、翠の言葉を遮り男が続ける。
「お父さんに会いたくないですか? 私は井上理彦。あなたのお父さんの友人です」
翠の脇を白い軽自動車が走り抜ける。
翠は応えるべきか迷っていた。翠には突然すぎる誘いにである。勿論この井上と名乗る男も信用できるわけではない。
「私を信用できないのはもっともです。でも、もし、翠さんにその気があるのなら、今日の午後9時に、山野辺神社の鳥居の前に来てください」
[PR]
by tominaga103175 | 2008-04-06 21:26 | 創作
*************************************
いつもと同じように朝食を食べ、いつもと変わらない風景の道を歩く。
鳴島翠は学校に到着すると授業を受ける。
窓から見える錆びついた遊園地の観覧車は、強風に煽られて右へ左へ揺れている。
今日、学校が終わったら午後九時に観覧車へ行く約束をした。
友人の佐伯智紀とである。
佐伯はいつも眠たそうな目をしていて、喋り方ものんびりとしているが、頭の回転が速く好奇心旺盛な奴だ。
遊園地に妙なじいさんが住み着いたって話はここ二ヶ月位前から僕らの間で噂になっている。ばっちりと決まったスーツを着ていて、身だしなみも整っている。物腰も穏やかで、とてもホームレスには見えないらしい。
遊園地のオーナーは十五年前に亡くなっているらしいから、持ち主ではなさそうだ。
あのじいさんには奇妙な点は三つあると佐伯は言う。
一つはただのホームレスとは思えないと言う事。
二つ目は儀式の事。儀式は毎週月曜日と金曜日に行われる。じいさんは夜、公園へ行き地面に奇妙な図形を描くのだそうだ。そして図形の周りに水を撒きながら「だらごんさんだらごんさん」と唱える。一時間から一時間半繰り返していると、やがて「今日も駄目か」と怒って公園から去ってしまうそうだ。最近では噂が噂を呼び、じいさんが儀式をする時間になると、それを面白がった奴らが肝試しがてら集まるようにもなった。
三つ目は時間の事。遊園地に忍び込んだ奴がいるらしい。誰かは教えてくれなかったが、そいつから直接聞いた話らしい。深夜に忍び込んだ遊園地で、例のじいさんに見つかってしまった。そこからの記憶は無いそうだ。ただ、気がついたとき、なぜか彼は自分の部屋で眠っていた事と、忍び込んだはずの日の前日だった。怖くなって、その日――つまり忍び込んだはずの日の前日――遊園地に忍び込むのをやめたらしい。
私はそういう話を聞いてもあまり興味が湧かなかった。
正直好きな部類の話ではない。
でも、佐伯がどうしても一緒に見に行こうと強く誘うので結局断れなかったのだ。
適当に見て、ちょっとお化け屋敷に入る気分でも味わえれば満足してくれるだろうとも思っていた。
数学の先生の言葉は頭に入ってこない。ぼんやりと外を眺め続ける。
教室から覗く観覧車は相変らず風に身を任せたまま揺れている。
ふいに違和感を覚えるものが目に入った。
観覧車の一番上のカプセルの上に、誰かが立っているようだ。
性別は分からない。あれが噂のじいさんだろうか。
手を振っているようにも見える。おいでおいでと。
見てはいけないものを見ている気がして、目を逸らす。
斜右の席の佐伯が振り返り、にやりと笑った。
佐伯も気付いたのだろうか。あの観覧車の上に立つ人に。
***********************************
[PR]
by tominaga103175 | 2008-03-23 21:24 | 創作
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「長旅で疲れたろう。ご飯を食べて休むといい。話はそれから聞こう」
スチール製の皿に缶詰をあける。セイレムは小さな声で「ありがとう。いただきます」と言うと、スプーンで食べ始めた。
セイレムの服は泥で汚れているし、所々破れている。靴も穴だらけでおそらく機能していないだろう。髪もぼさぼさで油でてかっている。風呂に入っていない事は容易に想像できる。
「風呂の準備もしておこう。私は外の観覧車で軽く眠る事にするから、適当に休憩したら起こしてくれ。もし寝るのなら、奥の部屋に布団があるから勝手に使ってくれて構わないよ」
言い残して、私はドラム缶で作った風呂にお湯を焚く。
観覧車に戻ると、フレディもドッグフードを食べているところであった。
私は観覧車のシートに横になり、目を閉じた。
セイレム。
何をしに来たのか。
この数年間音沙汰なかった黄衣の王がなぜ今突然私を頼ってきたのか。
理由は一つしか考えられない。
未だに地球で眠っているクトゥルーの眷族が再び活動を始めたのだろう。
或いはその使いのニャルラトホテップが人間に干渉し始めたのか。
どちらにせよ。セイレムは門の鍵を欲しがっているに違いない。
地球に行って何をしようとしているのかは分からないが。
私はゆっくりと目を開き、観覧車から荒涼とした街を見下ろす。
地球では相も変わらず石油中毒の人間たちが、太古の昔から続く惑星の破滅を望むように今日も石油を奪い合い、星を汚している。
もう良いではないか。我々はもう彼らを監視する必要なんてないのではないか。
これから面度な事になりそうだ。
私は小さく溜息をついた。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
[PR]
by tominaga103175 | 2008-03-16 22:45 | 創作
「終末計画 ①」
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
廃退した街の景色を見おろしているうちに、今日もまた太陽が沈んでいく。
観覧車で過ごす日々を最早考えるに及ばないほど繰り返している。
愛犬のフレディが私の座る観覧車のシートでうとうと眠たそうだ。
風が吹く度観覧車の頼りないカプセルが揺れる。
右へ――左へ――。ギィギィと軋みながら宙をさまよう。
私の住む遊園地はもう随分と前に潰れた。私がここに居ついてから生きている人に出会った記憶は無い。
「今日も誰も来なかったよフレディ」
頭を撫でるとフレディは面倒くさそうに尻尾を振る。
私は観覧車から出て、机代わりに使っている管理室に入り、缶詰を食べる事にした。
夕食である。
缶切りでギコギコやっていると、人の気配がした。
「あの……誰か居ませんか? 私は黄衣の王から紹介されて来たんですけど」
「ここだ。入ってきたらいい」
私は缶切りを置き、事務室から顔を出す。
「黄衣の王の紹介なら無下に断る事もできまいて」
女性であった。
白いワンピースは薄汚れて変色している。くたくたに疲れた表情がここへたどり着くまで如何に辛い事があったのか暗示している。
「どこからきなすった?」
「カルコサからです」
「一人でハリ湖を越えて来たのかい。大変だったろう。さぁ缶詰くらいしかないがゆっくりするとしておくれ」
彼女は名をセイレムと名乗った。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こんな感じで地味に連作を続けていくのもありかなと思って書いてみました。
まだ何も起きてないが。筆は遅いでしょうが、ぼちぼち続けていこうと思います。
[PR]
by tominaga103175 | 2008-03-02 22:37 | 創作