ブログトップ

怪談 意味深なうたた寝

imisinnaut.exblog.jp

怪談、クトゥルフ神話サークル『アコンカグア』本島としやのブログです。日々収集した怪談を更新していきます。と思っていたけど最近はけっこうグダグダCDレビューしてる。

<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧





わたしの大学は墓所だった。
これはいくらか信憑性のある話で、一昨年まで学長を勤めていたわたしのゼミの教授も話しているし、事実学校の隣は霊園なのである。
今大学の建っている場所にあった墓を霊園に移し、その上に学校を建てた経緯があるらしい。

一つ目は図書館の地下書庫の話。
暇そうにしている事務の方から聞いた話である。
地下書庫へ降りるためには受付で学生証を提示して、荷物を預けなければならない。
その際受付から地下へブザーを鳴らすのである。一人降りるなら一回、二人降りるなら二回。
しかし、毎週火曜日の夜九時になると、誰も来ないのにブザーが勝手に鳴るそうだ。
毎週火曜日の九時、一回だけ鳴るのである。
勿論受付ではブザーを押していない。
だから火曜日の遅番で地下を担当するのは誰もが嫌がるそうである。


二つ目は先輩のゼミ教授の話。
教授自体に何かがあるわけではなく、教授の研究室の電話が問題なのだそうだ。
研究室で二人きりになると絶対に電話が鳴る。
教授は電話を取らずに切るらしい。
聞けば「どうせ取っても誰もいない」らしい。

つまりは無言電話だろう、と先輩が教えてくれた。

面白がった先輩は、教授が講義で研究室を空けている隙に、ゼミ仲間と二人居座ったらしい。
三十分待っても電話が来ない。いつもならすぐにくるのだが……。
暇つぶしに下らない話をしていた。
一時間経った頃、電話が鳴った。
電話に出てみる。
何か言っている。
だが声が低くてよく聞き取れない。
すぐに電話が切れた。
直後に再び電話が鳴った。
「今からそっちへ行く」
とだけ聞こえた。
暫く待ったが誰も来なかった。
[PR]
by tominaga103175 | 2006-01-16 23:32 | 怪談


あけましておめでとうございます。今年も怪談三昧です。

新年一発目は近所にあるアパートの話。

二階建てのそのアパートは築20年くらいたった古いアパートなのだが、やたらと人の出入りが激しい部屋がある。
102号室はわたしが越してきてから二ヶ月に一回は人が入れ替わっている。
短い時には一ヶ月もたずに出て行く。
人がいないときにはカーテンがないので中が丸見えで、時々何となく覗く。見た限り六畳くらいの和室である。
今、その部屋に人は住んでいない。

深夜三時ごろ、小腹が空いたのでそのアパートの前を通ってコンビニへ行った。
行きにその部屋は真っ暗だ。人がいないから当然である。
帰りにふと覗くと灯りがついている。カーテンがないので中は丸見えだ。
黒髪の女性が窓ガラスに顔を張り付けてこちらを見ていた。
人が住んでいたのか、すまない事をしたなぁ。と考えながら家に着いてから気がついた。

去年の暮れにそのアパートは取り壊されて、今は更地になっていたはずである。
翌日その場所へ行ったが、やはりアパートは見当たらなかった。
[PR]
by tominaga103175 | 2006-01-11 23:30 | 怪談