「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

怪談 意味深なうたた寝

imisinnaut.exblog.jp

怪談、クトゥルフ神話サークル『アコンカグア』本島としやのブログです。日々収集した怪談を更新していきます。と思っていたけど最近はけっこうグダグダCDレビューしてる。

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先日久々にタクシーに乗ったんですが、運転手さんに何か怪談を知っているか聞いてみた。

ところがどっこい、この運転手さんときたら、返事もそこそこに急にスピードを上げて何かに追われているように走り出した。

相手が怪談に興味なさそうなときにわたしが良く使う手段は『空気を読まずにベラベラと怪談を喋りだす』 だ! すると、大概一つや二つどこかで聞いた怪談を話してくれるのである。

ところがそのタクシー、どんどんスピードが上がっていく、そして何かに怯えるようにちらちらとバックミラー越しにわたしを見てくる。返事もどこかよそよそしい。

「まさか……極度の怖がりなのか?」

そこまで嫌がるならやめておこう。そう思い、話を適当に終わらせ、目的地に着くまで黙っていた。

そして清算する場になって、運転手さんが
「お客さんが幽霊だと思いましたよ。途中で本当に消えてたらどうしようかと思いました。そういう話、この業界だと結構聞くもので……。わたしの対応に不満があれば申し訳ありません、謝ります」という。

どうもこの運転手さん、わたしを幽霊か何かだと勘違いしていたらしい。
時間は深夜2時過ぎ、目的地到着は3時だった。
丑三つ時である。
なるほど。そんな時間に二人きり、暗い車の中で怪談を語られてはびびる人はいるのかもしれないなぁ。

でもさ

流石に生きている人捕まえて、幽霊と勘違いするとは……

……勘弁しておくれ。
[PR]
by tominaga103175 | 2006-11-25 23:28 | 怪談
先日、飲み会があった。
わたしは幹事だったので、皆より先に店にいき、入り口付近で待機していた。
まだ時間まで10分ほどあるが、タバコを吸いたくなって外に出る。
ぼんやりと向かいのビルを見ていると、5階の窓から、手を振っている影が見えた。
性別はわからなかった。
ふと、テケテケとか校舎の窓から足の無い女の子がグラウンドを見ているとか、そんな学校の怪談を思い出した。
いやいや、そんなはずはない。
室内は明かりもついているし、何かしているんだろう。
と思い直すが、その影、手を振っている時間が妙に長い。
わたしは二本、三本とタバコを吸う。
その間中ずっと手を振っているのだ。
その影はやがてビルの壁に張り付くようにのっぺりと大きくなっていった。
深夜の話である。
可能性があるとすれば、ビルの壁の向かい、つまりこちらの建物に光源があり、誰かの影が映っている位しか思いつかない。
だが、店はこじんまりとした一階建てである。
ありえない。
ビルの壁いっぱいに大きくなった影は、相も変わらず手を振っていた。

同僚が五、六人漸く到着した。
そこから先どうなったかは店に入ってしまったため分からない。
帰りは酔ってて影のことなどすっかり忘れてしまっていた。

ただ、この話と似た話をどこかで聞いたことがある気がする。
気が向いたらまた夜に行ってみようと思う。
[PR]
by tominaga103175 | 2006-11-23 23:38 | 怪談
疲れたー。
土日駆らずっと忙しかったので、更新できなくてすいません。
木曜日は怪談を更新できるかと。

コンビニに行ったら、ワサビーフの濃厚が売ってましたよ。
これがまったりしていてコクがある。最近毎日食べてます。

しかし疲れた……。スイマセンが今回はこれで勘弁を……

怖いソフトベストテン

海外のゲームが主ですが、零が上位にランキングされていたことに、個人的にはちょっと感動です。

ではおやすー。ノシ
[PR]
by tominaga103175 | 2006-11-22 00:03 | 雑談
今までわたしが聞いた話の中で音に関する怪異といえば、僅かしかない。
大概の人がアレをみた、コレをみた、って話ばかりだ。
それっていわゆる見える人が多いってことなのかなぁ。
などと考えていたら、ふとこんな話を思い出した。
誰に聞いた話だったか忘れてしまった。

ある時テレビを観ていると、チキチキと妙な音がする。氷が溶けかけているような音。
小さく高い音であった。
どこからだろうと辺りを見回すと、どうもトイレの方からするようだ。
トイレの中を覗いてみると、何もない。誰もいない。
だが、確かにチキチキ音がする。不審に思っていると、気づいた。
これは何かを切る音だ。
鋏で髪を切る音か。そんな音に聞こえた。
その音はその日一回こっきりだったのだと言う。
[PR]
by tominaga103175 | 2006-11-12 22:51 | 怪談
箱360のデッドライジングにハマッテマス。↓
カプコン/デッドライジング

ちょっとした時間にゾンビを千切っては投げ千切っては投げ。時折写真を撮りながらニヤニヤしているわけですが、先々週事件が起こりました。

360を縦置きにしていたのですが、ウィンウィンうるさい音を奏でてる箱を立った拍子に蹴っ飛ばしてしまい、ガガガガガと何か削れるような音が……。

そしてディスクに深い傷が……。
イベント読みコマナーイ!
うごかなーい!
時々動いてくれるけど、例えるなら療養中の寝たきりって感じです。

そんなわけでいい機会なので北米版買いました。

英語な上、字が小さくて読みにくいけど、ゾンビを日本刀で斬るのが気持ち良いね。
もっと360の需要が増えればよいのにー。
みんなコアシステム買おうよー

PS3? ああ、昨日だっけ? 出たそうだね。 フーン( ´_ゝ`)
[PR]
by tominaga103175 | 2006-11-12 22:23 | 雑談
前回話した続きを書くの忘れてました。

すんません。

例の駅から家まで帰る途中、もうひとつ奇妙なことがあった。
物がひっくり返るのだ。

コンビニで弁当を買って、自転車のかごに入れる。
家に着くと、弁当は逆さまになっている。
かごにカバンを入れる。
家に着くと天地が逆さまになっていた。

意味不明だが、もうあそこの道を通るのはやめようと思った。
[PR]
by tominaga103175 | 2006-11-05 21:02 | 怪談
水道の修理のためSさんの家に水道屋が訪ねてきた。
朗らかで良く喋る中年の男性だったと言う。

Sさんは水道屋の仕事をぼんやりと眺めていると、彼の右肩に野球ボールくらいの妙な丸い
物体が乗っていることに気づいた。

顔だった。
坊主頭で目が虚ろの男性が、彼の肩に乗っているのだ。
「あ」
と声を上げた瞬間にその頭は見えなくなった。

水道屋の帰り際に、訊ねてみた。
「最近、体の調子が悪くなったりしたことありませんか?」
笑いながら彼は答える。
「最近、年なのか、肩こりで右肩が上がらなくなってきてねぇ。お嬢さんにも分かるくらい辛そうだったかな?」

ああ、やはりこの人には何かが憑いているんだ。
そう思ったのだと言う。
[PR]
by tominaga103175 | 2006-11-05 20:53 | 怪談