「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

怪談 意味深なうたた寝

imisinnaut.exblog.jp

怪談、クトゥルフ神話サークル『アコンカグア』本島としやのブログです。日々収集した怪談を更新していきます。と思っていたけど最近はけっこうグダグダCDレビューしてる。

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

友人K氏の話。
K氏がコンビニでバイトしていた時の話。

コンビニには四つの防犯カメラがある。
そのうちの一つだけが不自然に揺れるらしい。
カメラのフレームが揺れるのだ。
最初は地震かなと思ったらしいがそうでもない。

カメラが揺れているわけではなかった。

ちょくちょくそういうことが起きるらしい。
[PR]
by tominaga103175 | 2007-04-22 20:13 | 怪談

奇妙な人の目撃レポートを幾つか書きます。

「後ろ向き男」

弟の家の近所に現れる男は、四十代後半くらいのいでたちである。
この男、なぜか後ろ向きに歩く。
進行方向に背中を向けて歩いているのである。
ごみを捨てるために早朝外に出たところ、この男が後ろ向きに歩いていた。
その歩き方はまるで背中に目があるようで一点の澱みもない。
スススと角を曲がってどこかに行ってしまった。

早朝と夕方によく見かけるという。


「ジェイソン」

自分の通っていた高校の近くにジェイソンが出ると噂がたった。
ホッケーのマスクのようなものを被り、竹刀を持って自転車で走り回っているらしい。
でもジェイソンに何かされたという話は聞かない。
今でも出るのだろうか。


「昭和のかおり」

仕事帰りに車で送ってもらったときのこと。
横断歩道を渡る女性がいた。
30歳前くらいだろうか。
だが、三十年ほど前の服装、髪型、アクセサリーをつけていた。周りの風景と
見事にミスマッチしており、まるで三十年前からタイムスリップしてきたかのような
雰囲気をたたえていた。
[PR]
by tominaga103175 | 2007-04-22 19:53 | 雑談
怪談

土曜日のことである。
怪談好きの友人K氏が我が家に来るなりこう言った。
「俺、幽霊みちゃった」
曰く、
先日車で買い物に出かけたのだそうである。
信号待ちで、ぼんやりしていると、前方の電話ボックスに人がいる。
髪の長い女性である。
しかし違和感を感じた。
体が透けていた。体の向こうの景色が見えるのである。
怖いというよりも興味がわいた。
幽霊をみたぞ! と少し浮かれていた。

信号が青に変わる。

K氏はアクセルを踏んだ。
幽霊はいつの間にか消えていた。

買い物も済み、また同じ道を通った。
同じ信号に引っかかる。
また幽霊に合わないかなぁと電話ボックスを見ると、
さっきの幽霊が、さっきと同じ様に電話ボックスにいた。
じっとこちらを見ている。
幽霊の唇が動いた。
何かを言っている。
目を逸らす。
女の顔が鼻の先にあった。
電話ボックスを見る。
そこにいたはずの幽霊はいなくなっていた。
[PR]
by tominaga103175 | 2007-04-16 21:52 | 怪談
さて。更新です。
週一更新は欠かしてはならんですな。



サクラ


酒が入っていたので本当に見たかどうか、自信もって言えないが……。

先日花見があった。
しこたま飲んで帰ってきた帰り道の事である。
ゴシャっと何かが潰れる音がする。
前方の公園の方向だ。
砂場のあたりにしゃがんでいる人物に気がついた。
レインコートのような服を着ていて、フードを被っていた。
性別はわからない。
体格から大人だと思う。
うつむいたまま体を上下に振っている。
不気味な光景だ。その人物の脇にはサクラが一本立っている。
サクラは満開なのだ。
満開のサクラの下でレインコートを着てしゃがんでいる人物がいた……。
だからこそ余計に不気味だったのだ。
[PR]
by tominaga103175 | 2007-04-11 21:35 | 怪談

地下鉄の風に吹き上げられて、逆らうように階段を上る。
カランカランと金属のような音が聞こえた。
たいして注意を引くわけではない。
階段を上る間ずっと聞こえていた。
外に出る。
やはりカランカランと乾いた音が聞こえる。
振り返ると、そこには誰もいない。
家路を急ぐ。
音はずっと後をつけてくる。
やがて、カランカランと言う音がI氏の背後に追いつく。
驚き立ち止まる。
深夜である。
辺りは静まり返っている。
カランカランとI氏を追い越して、音は先へ行ってしまった。

アレは一体なんだったのか、今でも不思議なのだそうだ。
[PR]
by tominaga103175 | 2007-04-03 00:43 | 怪談