「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

怪談 意味深なうたた寝

imisinnaut.exblog.jp

怪談、クトゥルフ神話サークル『アコンカグア』本島としやのブログです。日々収集した怪談を更新していきます。と思っていたけど最近はけっこうグダグダCDレビューしてる。

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マイケミカルロマンスの新しいアルバムが凄く良いです。
個人的には、一つ前のThe Black Paradeが、洗練されすぎてしまって、(演奏も歌も構成も、上手くなりすぎてて)、嬉しいような悲しいような微妙な気分になったので、あまり聴いてなかった。
でも今回は、クリーンヒットです。めっさハートキャッチされてしまってどうしよう。もう一回聞こうかな。ってなる。むしろきいてる。

ひーはー
[PR]
by tominaga103175 | 2010-11-29 01:27 | 雑談
BIG4のライブDVDが届いた!!
メタリカとメガデスとスレイヤーが目当てです。アンスラックスは一枚だけCD持ってるけどあんまり聴いてないから、よくわからない。

やけに豪華な箱に入っていて、上品な紙質を伝える手触り感がいい!!
ワクテカしてるけど、見れるのはいつになるんだろう……。
明日か…今度の祝日か……。
[PR]
by tominaga103175 | 2010-11-17 23:21 | 雑談
今日の東京のコミティア、お疲れ様でした。立ち寄ってくださった方ありがとうございます。
なんでか知らないけれど、今回は両隣のサークルがサボってて、出展してなかったので机を広く使えました。

10月末の話。
長編の小説を書き終えて、出来上がった原稿を、大学時代に世話になった教授の家に持って行きました。
その際に、肩を叩かれて「それで、どうするんだ」と聞かれました。
どうするとは? 今後の身の振り方なのか、この原稿をどこかに投稿するのか……
質問の意図と意味が理解できずに、返答に悩んでいると、「仕事を辞めるか?」と具体的な質問を受けました。
はははと笑って誤魔化しました。それは、もちろん定職を棄てる意味と、小説家がいかなものか、何より僕の小説の力量を分かっているので、YESともNOとも答えられなかった。
先生としては、「ついに小説家になるの?」と訊ねただけなのだろうが……。
「どうするの?」という質問は、実は僕にとって根源的な質問でもありました。
何故小説なんてものを書いているのか。よく分かりません。よく分からないまま書いてきて、何年か前にある人のために長編を書き始めた。出来不出来はともかく・・・・・・。
その日以来、「どうするの?」という質問が、ふとした瞬間に脳内で再生されていました。
漠然と「書きたいから書く」と脳内返答していました。でもしっくりとこない。

今日のイベントで、以前にオフセット本を買ってもらった方が、再び訪ねてくれて「面白かった。頑張ってください」と言ってくれました。その方は、笑顔でした。
瞬間、なんとなく僕が小説を書く理由が何となくわかりました。褒められたり、励まされたりするのが嬉しいのではなくて(もちろんそれも嬉しいが)、何より喜んでもらえたのが嬉しい。
これがきっと書いている理由なのだろうな。
一か八か仕事を辞めて、ひたすら小説を書いて暮らそうかと思いました。
思った瞬間、「でも待て」と心の声が聞こえましたが。
自問自答して、回答に一瞬の迷いもなくなったときに実行に移します。
恐らくもうすぐだと思います。
[PR]
by tominaga103175 | 2010-11-14 22:50 | サークル活動
ご無沙汰です。
しばらく何してたかって言うと、ぼんやりしてました。一本書き終えてぼんやりしておりました。

あれからもちまちまと原稿を書いたり、映画を観たりしてます。

6日にマルドゥックスクランブルの映画を観てきました。結構面白かった。最初は六十分という尺でどうやってまとめる気なんだと不安だったですが、ほぼ満足いく編集で、大変良かった。
まぁ原作読んだことないんだけどね。逆に、だからこそ楽しめたのかも。下手にファンだったりすると、あのシーンが無いとか、不満出てたのかもしれない。
今度読んでみようっと。

翌日の日曜日は、名作『たそがれ清兵衛』と、『隠し剣 鬼の爪』をみました。
たそがれ~は言わずもがな。雰囲気がいいなぁと思う。隠し剣の方は、やはり、鬼の爪で悪徳老中を一撃のシーンに痺れる憧れる。
ちなみに、5日の夜には座頭市を見たあとに、怪談シリーズDVDボックスを引っ張り出してきて、四谷怪談、牡丹灯篭、蚊喰鳥、飴の古沼という有名どころの怪談を鑑賞して、もはや隙なし。

次は怪談を書こうと思う。現代ではなく江戸時代の怪談話を。ただし、新しい怪談時代劇、書けるか書けないかここが勝負どころです。幽霊話の中に人情ドラマを描くか、ひたすら読み手を怖がらせるか、狂気を描くかで、大雑把に内容が変わってくる……どんな話にするか、悩んでます。
[PR]
by tominaga103175 | 2010-11-08 23:51 | 雑談