「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

怪談 意味深なうたた寝

imisinnaut.exblog.jp

怪談、クトゥルフ神話サークル『アコンカグア』本島としやのブログです。日々収集した怪談を更新していきます。と思っていたけど最近はけっこうグダグダCDレビューしてる。

<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

クトゥルフ神話の解説本は数あれど、知識を探す上でやはり一番役に立つのは、新紀元社から刊行されているエンサイクロペディア・クトゥルフですね。黒い表紙に、エルダーサインの描かれた本です。
暇なときにぱらぱらめくるだけでも面白い。
でも、妖艶な雰囲気や、カルトな空気感を描くには、やはり小説を読むのが一番です。


明日も良いことがどんどん起こりますように。

********************************
『Concierto / Jim Hall』
f0091268_233584.jpg

JAZZです。Jim Hallの1975年の作品。
Jim Hallはジャズギタリストです。なんか変なメガネをかけたおじさんです。
世界的にも有名で、ビル・エヴァンスや、あのソニー・ロリンズのアルバムにも参加したことがあるらしい。どのアルバムなのかは調べていなかったり。
以前、ふとジャケットに惹かれて、CDを買いました。聴いてみると、びっくり。印象として、ソニー・ロリンズや、ジョン・コルトレーンがもしもサックスでなくギターで演奏していたら……ひょっとしたら、こういう感じで弾いていたかもしれないと思いました。

旅先で、一人のとき、ふと聴きたくなる名盤だと思います。
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-27 23:43 | 雑談
早い一年だったなぁ。いまさら感があるが。
2010年のことはほとんど覚えていない。気づいたら2010年が終わっていた。
2011年は充実した一年だといいなぁ。ってもうすぐ1月終わるしorz

******************************************
『If Summer Had It's Ghosts  /  Bill Bruford』
f0091268_21523362.jpg

久しぶりにジャズな気分です。とはいえ……Bill Brufordは、キングクリムゾンとか、イエスとか大御所のバンドに参加していたドラマーです。If Summer Had It's Ghostsはピアノの音が耳に心地よいです。ミドルテンポで、ゆったりと聴かせる曲構成は、やはり才能だとおもう。センスが光っている。
掃除とか読書しながら聴くと、よいBGMです。

でも残念なことに、曲を聴いてしまうので、考えごとをする作業には向きません。原稿書きながらこれを聴くと、いつの間にか、ギターとピアノの音を追っている自分がいるwwだめだこりゃ。
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-26 21:59 | 雑談
風呂にゆったりと浸かると、やっぱり落ち着くなぁ。お風呂聴けるスピーカーに、ipodを繋げて、入浴品がら音楽を聴いている。でも今日は眠いので、もう寝よう。

明日も良いこと起きる気がする。


___________________________________________
『Women And Children Last  Murderdolls』
f0091268_23564593.jpg

マーダードールズの2010年末に出たアルバム。われらがスリップノットのドラマー、ジョーイがギターを弾いたりしています。というか、むしろ、もともとスリップノットの活動する前はギターを弾いていたらしい。
凄く残酷でクレイジーな歌を、過激というより、キャッチーなメロディーで歌っているのはさすが。子供には聴かせたくないアルバムです。
前作ビヨンド・ザ・ヴァリー・オヴ・ザ・マーダードールズから8年を経て作られたアルバムは、お化け屋敷のようなアルバムです。怖いんだけど聴きたいみたいな。ホラー映画を見るような感覚で、一気に最後まで聞けます。
この感じはマリリン・マンソンのスメルズライクチルドレンとか、ポートレートオブアメリカンファミリーを聴いたときのように、大変楽しめました。
時々挿入される環境音の演出もGOOD!!
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-25 00:05 | 雑談
書かなければと思うほど、ネタが思い浮かばない。
いわゆる普通な作品か、どこかで似たようなものを見たことあるものばかり。
うーん。むーん。


*******************************************
『Ænima  /  Tool』
f0091268_21241894.jpg

へヴィネスでありながらも、プログレッシブな集団です。TOOL。鬱すぎるキングクリムゾンなどと揶揄していたら、どうも21世紀のキングクリムゾンと呼ばれていた時期もあったそうです。
つかみ所のない不気味な音楽に、ギュンギュンきしむギター。不穏な物語が、脳裏にイメージされていきます。
初めて聴いたときは、正直怖いと思いました。ただ、ナインインチネイルズのように、暗く冷たい音楽の中に、磨き上げられた鋼の玉みたいなものが光っていて、それに気づくと、もう止められない。気づくと聞いているんです。
今日久しぶりに聞いてみたけれど、クトゥルフ神話を描く際には、もってこいのBGMだね。これは!
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-20 21:29 | 雑談
最近は俺に幸運が舞い降りてきてるなぁ。
毎日ラッキーだなぁと思う出来事が起きております。

2月の東京のコミティアに向けて、原稿を書かねば。


************************************
『Elysium / Stratovarius』
f0091268_2040129.jpg

Stratovariusの最新アルバムであり、トルキ脱退による新生Stratovariusの、第二章 第二部とも呼べるアルバム。正統なヘヴィメタルとはこういうものだというのを、ガツンと教えてくれるアルバムです。
一つ前のアルバム、「Polaris」は印象的なジャケットと、象徴的な楽曲が並んでいるが、今回はそれをさらに押し進めて進化させたアルバムだと思います。
プログレッシブ色の強いアルバムで、個人的にはアイアンメイデンを連想してしまいました。
特に、9曲目のElysiumは、物語性に富んでおります。
もともとプログレのもつ、ダイナミックな展開や変化が好きなので、この1曲を聴くためだけでも、アルバムを買う価値ありです。
いやー素晴らしい。「Polaris」と続けて聴くと、お茶が美味しく感じられます。
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-19 20:50 | 雑談
少し肩から力を抜いて、原稿を書いてみるかな。
今日は自分自身のためだけに、好きな話を書いてみようと思う。

***********************************************
『76:14 / Global Communication』
f0091268_19574337.jpg

アンビエント。
シンセサイザーの波状攻撃で、ビートはほとんどありません。
宇宙旅行をしているかのような、浮遊感と、聴いているうちに様々なイメージが湧きあがってくる傑作です。
静けさを旅する。
アルバムのタイトルから、曲名まで、再生時間で構成されています。
再生時間が書かれているだけだから、何の先入観も持たずに、曲の世界へと入り込めます。
神秘的な音を聴いていると、大変心地良く、心が落ち着きます。
疲れた体に、是非。

**********************************************************

今日はなんとなく、もう一枚くらいアルバムを紹介しようと思います。
何にしようかな。しかし、レビューやってると、今現在よく聴くジャンルが偏ってるのね。やっぱり。

**********************************************************
『Soulfly / Soulfly』
f0091268_2015463.jpg

ブラジルが生んだヘヴィーメタルだが、Kornのようなニューメタルと呼ばれる要素と、、Slayer的なスラッシャー性も合わせて一つの鍋にぶち込んでしまったような音を出しています。
もともとセパルトゥラに在籍していたマックス=カヴァレラが、中心となったバンドで、Soulflyはその一枚目のアルバムです。
怒りと悲しみがごちゃ混ぜになったような、アルバムで、
はっきり言って、ライブ映像を見る限り、ステーキがこの好きそうなおじさんは、ソウルフライやっているほうが、セパルトゥラにいる頃よりも生き生きしてます。
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-18 20:34 | 雑談
慣れない雪の上を歩いたせいで、足首が筋肉痛です。
良い事があって、俄然原稿書く気になった。よし。今日はいつもより集中して書くぞ!

空想ナイフを書き終えたあと、感想で「最後の部分だけど、共感できるし、実際すっきりと終わってる。……が、もっと子供たちが未来に夢を持てるような終わり方にして欲しい」と言われた。
他にも「地上のシーンを見たかった」とか意見ももらったが…・・・
それはその通りだと思う。大団円が一番いいのは分かっているけれど、やはりこの話は、ああいう終わり方以外に思いつかない。書くことはできるだろうが、どうしても心情的にしっくりこないのです。

自然なハッピーエンドを書けるようになれたらいいなぁ。ワナビーワナビー

****************************************
『The Black Parade  / My Chemical Romance』
f0091268_22285949.jpg

My Chemical Romanceが知名度的にも商業的にも大成功をおさめた名盤。ブラックパレードという死者の行進を歌い上げる。とてもドラマティックに展開される曲構成。耳に残る、マイケミらしいエモやパンク。1曲目the endから5曲目Welcome To The Black Paradeまでの、死者がパレードに加わるまでの一連の流れが凄く盛り上がって好きであります。
昔、このアルバムをレビューしたときは、昔の頃の尖り方がなくなって、ただ上手くなってしまって残念。なんて書いていたが、久々に聴いてみると、やっぱり素晴らしいんだこれが。
特に、最新アルバムDanger Days: The True Lives Of The Fabulous Killjoys(こっちも傑作)と比べても全く劣らない。一枚のコンセプトアルバムとしても、1曲単位としても高いクオリティです。
いまは廉価版も売ってるから是非是非。
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-17 22:36 | 雑談
雪半端ない。ここまで雪が降るのはほんとに久しぶりかもしれない。
岐阜の友達に「何この雪ふざけてるの?」とメールを送ったら、「岐阜では年に2回か3回はあるレベル」と返されてちょっとへこんだ。

何が君の幸せー。何をして喜ぶー。
アニメ版のヴィクトリカが可愛すぎて困る。

***************************
『As Daylight Dies  / Killswitch Engage』
f0091268_2224824.jpg

メロデス、メロコア(?)バンド、キルスイッチエンゲージの4枚目です。3枚目のThe End Of Heartache とどちらが良いか意見の割れるところです。個人的にはこのアルバムの方が、バランスが良いと思います。
3曲目のThe Arms Of Sorrowがすごくキャッチーで、同時に荒々しさもあり、カッコいい。
1曲目~4曲目までの流れが好き過ぎて、何度聴いても痺れるわー。
攻撃性は3枚目に比べて薄れているが、ギターのソロとか甘美で、このバランス感覚で溺れる事こそメロデスの醍醐味です。いや、ほんと、これは良いよ。
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-16 22:36 | 雑談
どうも最近右の肩が痛い。肩こりかなぁ。寝違えたみたいな感じで肩をぐるぐる回すんだけど、なかなかほぐれないのであります。

2月の東京のコミティアに出店が決まりました。クトゥルフ神話と怪談、持って行きます。
ついでにこないだ手に入れたクトゥルフ人形も持って行きます。店頭に飾るんだ。


************************************
『Come On Die Young / Mogwai』
f0091268_21165052.jpg

飛行機の無線のような語りから始まる。何かが起こりそうな予感を想像させる始まり方で好きです。飛行機事故が起きて、かろうじて生き残った人たちの光景を思い浮かべてしまう。哀愁漂い絶望的なメロディだけど、聴いているうちに光明も見えてくるから不思議です。
1999年に発売されたMogwaiの二枚目のアルバム。全体的にゆったりゆっくりと冷たく静かな曲で構成されています。ジャケットのインパクトに惹かれて、CD屋で食い入るように見つめていたら、CD屋の店長が、「いいでしょ。その顔。迫力あるよね」と試聴させてくれました。新品だったのに。
ジャンルはポストロック。なんとも表現しきれない、奇妙な和音がひたすら続きます。これが心地良いのです。
万人にお薦めできるアルバムではないですが、一度ハマると、しばらくこればっかり聴きたくなる中毒性がありますぞよ。
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-15 21:30 | 雑談
明日はセンター試験か。
雪が降るのかなぁ。寒いからなぁ。
受験生頑張れ!


******************************
『 Twilight Dementia / DragonForce』
f0091268_042938.jpg

まるで花火が散るように、怒涛のスピードでギターを引きまくるDragonForceのライブアルバム。
ライブのパフォーマンスまでちゃんと収録されているので、何度聴いてもテンションが上がります。アルバム『Sonic Firestorm』に収録されているSoldiers Of The Wasteland が、こんなに熱い曲なのかと、このCDを聴いて知った。やはり、Through The Fire And Flamesのインパクトが強すぎるせいか、Inhuman Rampage以外は普段聴かなかったので、新しい発見でした。
今DragonForceはボーカルを探しているそうですが、どうなるんだろう。後任者は相当レベルの高い人じゃなけりゃ勤まらない気がします。
なんとか頑張れDragonForce。
[PR]
by tominaga103175 | 2011-01-15 00:11 | 雑談